番号 質問 回答
1 加熱式タバコに禁煙治療は保険適用できますか?

禁煙治療は「ニコチン依存症管理料」です。

加熱式タバコは「たばこ事業法」で認可されているタバコです。

その使用者はニコチン依存症ですから、治療の対象です。

禁煙治療のための標準手順書」にも「紙巻きタバコの使用者に限るとは書かれておりません。

ただし、呼気中一酸化炭素(CO)濃度を測定しても数値は上がりませんので、

CO測定値の記録と加熱式タバコ使用中という記録は残して下さい。

2

加熱式タバコの使用量の評価は?

喫煙指数(ブリンクマンインデックス)との関係は?

iQOS(アイコス)、glo(グロー)は吸い殻が発生しますので、その本数×年数を記録。

Ploom TECH(プルームテック)は、1日に消費するカートリッジの数×年数を記録。

それを従来の紙巻きタバコの本数×年数に足して記録するしかないです。

・完全に切り替わった場合

 (紙巻きタバコ:ブランド名)を20本×15年(20歳〜35歳)から、

  iQOS(アイコス)を20本×1年(35歳〜36歳:現在)にスイッチ

   もしくは

  Ploom TECHのカートリッジ5個×(35〜36歳:現在)にスイッチ

・併用している場合

 (紙巻きタバコ:ブランド名)を10本×(20歳〜35歳)と

  iQOS(アイコス)を10本×2年(34〜35歳)を併用